初期費用がどれだけかかるかわからないので不安|何にどれだけかかるかをしっかり把握しましょう

■乗り換えに不安を抱く人も多い
最近は毎月のようにスマートフォンの新機種が発売されています。
かの大人気機種、iphoneシリーズの最新作iphone5sも数ヶ月前に
発売されたばかりですね。

このように、スマートフォン業界は急速に発展しており、
次から次へとより性能の良い新機種が発表されています。

そんな流れを受けて「買い替えたいな」と思う人もかなり多いと
思います。

しかし、初期費用にどれくらいかかるのかわからないと、
躊躇する人も少なくないようです。

一般的に、機種変更にも他社乗り換えにも費用がかかるという事は
知られていますが、その内容がいまいちわからないという人は
多いと思います。

特にMNPなど二社が関係する契約の場合、両方の情報を合わせて
計算しなければならないので「本当にこれだけで
大丈夫なんだろうか」と不安になりますよね。

そこで今回はMNPなど乗り換えにかかる費用をまとめてみようと
思います。

■乗り換えにかかる初期費用
まずMNPにかかる費用から見ていきましょう。
MNPには現在使っている携帯会社と、新しく契約する携帯会社とに
手数料を支払う必要があります。

ソフトバンクへの乗り換えの場合、auやdocomoに払う転出手数料は
2100円、ソフトバンクに払う事務手数料は2835円の合計4935円
となります。

次に解約にかかる費用です。
一言で解約と言っても、携帯会社を解約する為にお金が
かかるのではなく、利用していた割引サービスを解約するのに
3150円〜9975円の解約金がかかってしまいます。

例えばdocomoでいうとファミ割、auでいうと誰でも割といった
年契約の割引サービスです。

契約更新月に解約すれば解約金はかからないのですが、
更新月に合わせて解約というのはなかなか難しいですよね。

これらの解約にかかる費用に加えて、新しく購入する端末代金
をプラスしたものが、乗り換え費用と言われています。

■実質費用負担0円にする事も可能
解約にかかる費用、新規契約にかかる費用全てを負担するとなると
10万円ほどかかってしまう事もあります。
しかしこの費用を実質全額負担せずに済む方法もあるのです。

一番高い端末代金は、ソフトバンクの月月割を利用すれば
すぐに解決します。

今一番人気のあるiphone5sでさえ、16Gならば端末代金68040円
に対し、月月割で68040円が割引されるので、実質0円で
購入出来る計算になります。

また、解約にかかる費用も、ショップのキャンペーンを
利用する事で解決します。

ソフトバンク携帯を扱っている店舗の中には、乗り換え
キャンペーンとして、解約金をショップで全額負担してくれる
サービスを行っている所があります。

他にもキャッシュバックキャンペーンを利用し、そのお金を
解約金に充てる事で、費用負担を0円にする事も可能です。

ソフトバンクだとお得な事ってありますか?|独自のキャンペーンを行っている所もあります

■乗り換えのメリット・デメリット
ここ数年、スマートフォンの普及が著しく、性能もどんどん
アップしていて、1年もすればより高性能な端末が発売されて
くる為、買い替える機会も増えてきますよね。

今はMNPというサービスが生まれた為、他社への乗り換えも
選択肢に入るようになってきました。

しかし物事には必ずメリットもあればデメリットも存在します。
その点をしっかり把握した上で、乗り換えを決めましょう!

まず乗り換えのメリットは、なんといっても割引サービスに
あると思います。

ソフトバンクなら、月月割は機種変更時と比べて500円以上高く
割引してもらえますし、バンバンのりかえ割という毎月1000円を
割引してもらえるサービスも利用出来ます。

逆にデメリットとしてあげられるのは、メールアドレスの変更を
余儀なくされる点と、MNPにかかる手数料や解約金の負担を
しなければならない点でしょう。

しかし、解約金に関しては、ソフトバンクに乗り換える事で
ショップが全額負担してくれる事もあるんです!

■デメリットを抑える為に出来る事
解約金の負担の話の前に、MNPや解約にかかるお金の話を
しておきましょう。

ソフトバンクにMNPする為には、今まで使っていた携帯会社に
転出手数料として2100円、ソフトバンクに事務手数料として
2835円を支払う必要があります。

更にこの金額に、今まで利用していた割引サービスに応じて
3150円〜9975円の解約金をプラスして支払わなければなりません。

合計すると最大14910円となり、これを最後の請求と併せて
支払わなければならない為、負担に感じる人も少なくありません。

しかし前項で書いたように、ソフトバンクのショップの中には、
この解約金の9975円を全額負担してくれる所もあります。

例えばソフトバンクショップではありませんが、スマホカフェ
というという所で、解約金の全額負担キャンペーンを行っている
みたいですね。

日本全国に店舗があるようなので、利用しやすいという所も
いいですね!

■こういうキャンペーンを利用するとお得
また、解約金の全額負担キャンペーンを利用するのではなく、
キャッシュバックキャンペーンを解約金に充てるというのも
一つの方法です。

キャッシュバックまで日数がかかるような所も多いのですが
中にはその場で現金をキャッシュバックしてくれるという
ショップもあります。

これなら解約金の支払いにも間に合うので、負担を感じる事なく
乗り換える事が出来ます。

このキャッシュバック金額も、ショップによって数千円〜数万円と
大きく差があります。

よりお得なキャンペーンを利用する為にも、どのショップで
どんなキャンペーンをやっているのかを、インターネットで
調べてみるのもオススメです。

想像していたよりはるかにお得なキャンペーン情報が
得られるかもしれませんよ!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。